中古車査定相場表

今日車屋さんから電話がありまして。代車が29日にくるみたいなのね。一括査定で車を売ったので、その代車です。とりあえずおうちの車には乗り飽きたのでそれが楽しみなのね!! なお契約した車は11月納車の模様。 必要書類の準備はもう完璧なのね!!あとはブン投げるだけなのねー!! そういや代車の色何なんだろう。過去の試乗車らしいけどね。 今日は車用品店に行って一人でテンション上げてました。とりあえずプラズマクラスターは買おう。運転席側にドリンクホルダー置きたいけども割とかさばるんだよね。よく吟味しなければ。 あとは全足元光らせたいよね。今日知り合いの車に乗せてもらったけど内装バキバキに光ってたですわ。あんま付けないほうがいいな!さりげなく付けたい。 しかし割と電話することも多いからって理由でBluetoothイヤホンマイクとかもむやみに欲しくなるんだよなぁ。 予算をかけずにオサレにしたい。なおセンス。贅沢言うと「さりげなくこだわりたい」のよね。 買わずに悩むの楽しいれす。 まずは一人で試乗してみた。り立て不満は感じなかった。しばらくしてから家族と試乗。営業の方は同乗せず、好きに乗らせてくれた。一人で乗ったときよりもずっといい車に感じられた。重さが効いたのか?ターボの効きはマイルドで乗りやすい。アクセルを踏めばもちろん速い。ハンドリングもいい。足回りもしなやか。ネーミングからするとカリカリのスポーツカーかと思いきや、大人の味付けである。マニュアルトランスミッションの設定がないのが残念ではあるが、5AGS(クラッチはあるけどクラッチペダルはない。シフトチェンジは車がやってくれる)の出来はいい。このミッションは車の性格に合ってる気がする。パンダ程ではないにせよ、運転が楽しそう。当たり前だけどエアコンも効く。これは自分にとってのベストカーになりうるんじゃないか。そう思って購入を決めた。RSのAGSと、他車のAGSはセッティングが違ってます。RSの方が早くてナチュラル。シフトアップ時にクラッチ付きの要領でアクセルを出し入れすると、なお気持ち良く乗れます、とスズキの広報が言ってました。おめでとうございます。ジムニーかハスラーあたりかなと思ってた。それとアウディTTに乗ってきました。アウディの車買取相場の最新情報はここが詳しいみたいですね。 アウディTT (2.0TFSIクワトロ)  全長4180×全幅1830×全高1380mm、軸距2505mm 車両重量1370kg エンジン種類:直4DOHC 1984cc、TC 169kW (230ps)/4500-6200rpm、370Nm/1600-4300rpm、重量あたりトルク270.1Nm/t 噂のヴァーチャルコクピットとご対面です。 吹き出し口一体型のエアコン操作部と相まって、見た目は初代を彷彿させるシンプルさ。ナビはGoogleマップにも出来ます。 先代比30kg減量し、90Nmの増強により、重量あたりトルクは70Nm/tの大幅向上。 出力特性などが変えられるドライブセレクトがノーマルのままでも充分に速いのに、ダイナミックとなると排気音量と加速力は更に獰猛になります。 少々手荒に扱ってもビクともしない高剛性ボディのお陰で、高い操縦安定性の割には乗り心地も悪くありません。デザイン性の高さはそのままに、走りは更に痛快になりました。フルモデルチェンジ。先代と同じく、見た感じではスペーシアの拡大版。 やはり全幅は5ナンバー枠から75mmも狭く出来てます(コレでも先代比+5mm)。 片側電動スライドドアを装備しながら車重は先代比90kg減となり、1tを下回る快挙。 大空間でもボディ剛性に問題はありませんが、足回りが少々柔らかいか。 (ちなみに同時登場のバンディットでも足回りは共通とされている模様) 軽自動車でいう「S-エネチャージ」はもう「ハイブリッド」と言い切ってしまいました(^^;)。 …まぁ嘘はついてないケド。 しかし今回の試乗では、ホントの下ろしたてだったが為に充電池が完調ではなくモーターアシストはおろかアイドリングストップを行いませんでした。 少し間を開けて再試乗してみるコトにします。