中古車査定相場表

代を垂ねるごとに支持者を増やし、先代では20 07年から2009年まで3年連続してミニバント ップの販売台数を記録したセレナ。まあ実際にはト ヨタのノア/ヴォクシーの台数を合計してカウント した場合、話はまた違ってくるのだが、いずれにし てもミニバンでは屈指のヒットブランドであること は間違いない。ちなみにランディは、日産からスズ キヘOEM供給されているモデルである。  それにしても大きい。基本的に5ナンバーサイズ と言っても、それをギリギリまで使って、しかも全 高は1・9メートルにも迫ろうかという勢い。ボデ ィ自体も、サイドウィンドウがほぼ直立したような スクエアな形状なのだから、威圧感とまでは言わな いものの存在感は強い。日本のこのクラスのミニバ ン界は、5ナンバーでなければ奥様方が文句を言う が、小さく見えると狭そうだと敬遠されるというイビツな所。それに従ってクルマづくりをすれば、自 然にこうなるということか。  当然、室内の広さはクラス最大級と言える。だが 単に広いだけでなく心地良く過ごせるための工夫も 随所に施されている。  1列目は天地方向に大きなフロントスクリーンに よって抜群の開放感をもたせた上に、低いウェスト ラインと三角窓の追加で視界を確保し、更に2段重 ねの凝ったメーターで雰囲気を盛り上げている。解 錠してドアを開けると、まず数秒間このメーターパ ネルが点灯するといった演出も心憎い。  そして2列目はほとんどのモデルにワンタッチで 開閉できる大開口の電動スライドドアを採用。これ は2列目の主役であろう子供が使うことを意識した ものだという。ロールサンシェードが標準装備なの も、要は子供の快適なお昼寝用である。  折り畳み式の3列目はヒンジの改良で左右に跳ね 上げた時の高さを抑えているのが特徴。扱いの容易 さではノア/ヴォクシーに負けるが、後方視界を邪魔しないのがポイントだ。  エンジンは2リットルの直噴ユニットをCVTと組み合 わせて積む。音や振動はもう少し滑らかにしたいが、 アクセルを軽く踏み込んだところから欲しいだけの 力が出るミニバン向けの特性に仕上がっている。  注目はアイドリングストップシステムだ。エンジ ンの再始動モーターは通常のギア式ではなくベルト 式とされ、タイムラグはほとんど無く、しかもスム ーズ。ネガ無しに燃費向上の恩恵に与れる。しかも、 これが特別なモデルだけでなく主要グレードにほぼ 標準装備とされているのは評価したいところだ。  乗り心地はややゴツゴツとした感じ。しかし飛ば しても極端に悪化することはなく、大きなうねりを 突破した時などは、鷹揚にいなしてくれて気持ちが 良い。まるでフランス車のようだ…と思ったら、な るほどのそのシャシーは日産の提指先であるルノー のメガーヌと基本設計を共有しているのである。  とは言え、さすがにこのシャシーは元がミニバン 用ではないだけに、乗り味は所々に余裕の無さが感じられないではない。端的に言えば、乗り心地はノ ア/ヴォクシーに、操縦性はステップワゴンに負け ている。まとまりは決して悪くはないのだが、ミニ バン界は競争が激しいのだ。  評判のポイントをしっかり伸ばし、すべてに於い て進化したセレナ。ミニバンを視野に入れている人 なら当然、候補に挙げる1台だろう。  しかし、どんどん大きくなってきたそびえ立つよ うなボディ、依然頑として付けようとしない2/3 列目中央席のヘッドレストと3点式シートベルトな どを見ていると、ユーザーの求めには応じるが、主 義主張や提案は無いのだなとも感じる。これが一応 はもっとも売れているというのは、何とも日本的と いう気がしてならない。  トップセラーであることを高らかに謳うのはいい が、それならリーダーに相応しい本当の資質を身に 付けようとしてほしい。売れればいいというのでは なく、そろそろ名実ともにミニバンを牽引するクル マを目指すべきではないかと思うのだ。 車買取相場の最新情報